音楽業界を支援、CD制作へ ソスイレコードがネットで資金募る

 

 福島県にゆかりのあるアーティストを発信する音楽レーベル「ソスイレコード」は、同レーベルのCDをライブハウスやCDショップ、アーティストなどに無料で配布し、売上を還元するプロジェクトに着手した。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける音楽業界を支援する目的で、30日までクラウドファンディングで資金を募っている。

 CDは来年3月中旬完成予定で、1万枚を作製する。「So Sweet Songs 2021」と名付け、いわき市出身の「アベマンセイ」「クレヨン社」ら11組のアーティストの曲を収録する予定。5千円から支援が可能で、返礼品としてCDブックレットに名前が刻まれたり、オンラインライブの視聴権利を得られたりする権利を準備している。

 目標額は250万円で、21日現在で約85万円が集まっている。代表の高橋晃浩さんは「CDで音楽業界を支援することが地元の結束にもつながると思うし、参加するアーティストの心をつなぐものになり始めている」と話した。

 クラウドファンディングのページは(https://motion‐gallery.net/projects/sosweetrecords)。

 ◆その他の参加アーティスト

 sunny moon(喜多方市出身)高岩大輝(sihaph、日大工学部卒)Chano(いわき市、郡山市出身)パイナップル独りウェイ(郡山市)堀下さゆり(相馬市出身)本田雅人(福島市)矢野雅哉(いわき市、浪江町出身)Juni.(郡山市)sotto