「幸楽苑六本木店」年内閉店へ 契約満了、道玄坂店など主力に

 
今月末で閉店する幸楽苑六本木店=東京・六本木

 ラーメンチェーン店を展開する幸楽苑ホールディングス(HD、郡山市)が東京・六本木の「幸楽苑六本木店」を年内で閉店することが23日、分かった。同店は2階に調理設備がある従業員の研修センターを併設し、新井田昇社長による新商品発表会などの会場にもなっていた。

 同店は2004(平成16)年11月に開店。都内を代表する繁華街の六本木交差点近くの好立地だったが、約16年の営業を終える。幸楽苑HDは閉店理由を「賃貸借契約が満了するため」としている。六本木店の閉店で平河町店、道玄坂店、日本橋桜通店などが都心部の主力店舗になる見込み。