福島の50代女性保育士感染 新型コロナ、施設は開所

 

 福島市は24日、市立保育所に勤務する市内の50代女性保育士(非常勤職員)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性は軽症という。

 市によると、女性は県内陽性者の濃厚接触者で、PCR検査で陽性が判明した。

 16日を最後に出勤していないことから感染拡大の恐れはないとみて、この保育所を引き続き開所するという。