新婚記念に『夢』実現!ネコ駅長「らぶ」と撮影 芦ノ牧温泉駅

 
らぶを抱く奈都美さん(右)と好孝さん

 会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅で25日、ネコを通じて縁を深めた新婚夫婦が、2代目名誉ネコ駅長「らぶ」と記念撮影した。同駅では、らぶなど「ネコ従業員」の保護のため、写真撮影を断ってきたが、コロナ禍の中で結婚する夫婦を祝福しようと、今回は特例として2人の夢を実現させた。

 この日、駅を訪れたのは、東京都の会社員弓良(ゆみら)好孝さん(31)と奈都美さん(33)。互いにネコ好きだった2人は2018(平成30)年から芦ノ牧温泉駅に通い続けてきた。

 2人は「ネコの日」の2月22日に婚姻届を提出し、年内の挙式を予定していたが、新型コロナの影響で断念。そんな中、好孝さんが「2人でらぶと写真を撮る夢をかなえたい」と電子メールで同駅に思いを伝え、記念撮影が実現した。

 好孝さんはタキシード姿、奈都美さんはウェディングドレスを着て撮影に臨んだ。らぶを抱いた奈都美さんは「ふわふわの手触り。一生の思い出ができた」と喜び、好孝さんは「コロナ禍の中、夢が実現できてありがたい」と感謝した。