感染リスクあるなら...キャンセル必要 福島医大教授強い危機感

 

 新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受け、県アドバイザーの金光敬二福島医大教授は25日、「感染リスクがあるなら予定を全てキャンセルするべきではないか。われわれに残された手段はこれしかない」と危機感を強めた。

 県感染症対策本部員会議で発言した。金光氏は「福島市では、あまりの急激さ、多さに感染者を直ちに入院させることができていない」とし、新型コロナ以外の病気の患者の診療にも影響が及びつつあり「医療従事者も限界に達しようとしている」と述べた。

 また「福島市だけ陽性者が多いという根拠は見当たらない。郡山市もいわき市も同様の状況になり得る」と指摘。「英国の変異種も、やがて福島に入ってくるだろう。そのときに何をするべきか。われわれの状況判断が鍵になる」とした。