なりすまし80万円被害 伊達の80代女性、市職員名乗る男の電話

 

 24日午後、伊達市の80代女性から市職員を名乗る男などの話を信じ、約80万円をだまし取られたと伊達署に届け出があった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、女性方に21日、市職員を名乗る男からキャッシュカードを交換するなどとした電話があった。

 電話の後に女性方に女が訪れ、手渡したキャッシュカード1枚がすり替えられたという。

 その後、女性の口座から現金が引き出されていたことが判明した。