感染学生らの参加行事...「ダンス発表会」 福島大のクラスター

 

 これまで学生13人の感染が確認された福島大のクラスター(感染者集団)について、同大は26日、感染した学生らが参加していた行事が、20日に福島市のキョウワグループ・テルサホール(福島テルサ)で開かれた「第61回福島大学創作ダンス発表会」だったと発表した。その上で、発表会が大学の授業の一環で、感染対策が十分でなかったことが新たに分かったと説明した。

 この発表会に参加した学生150人のPCR検査の結果、新たに10人の感染が判明。このうち6人は、感染拡大が確認されている学生らの飲み会の参加者や、車の同乗者ではなかった。

 福島市で記者会見した三浦浩喜学長は「発表会は授業の一環として行われ、6人は授業中に感染した可能性がある。授業中の感染防止対策が十分でなかったことは大学に責任がある。おわび申し上げる」と話した。

 三浦学長や谷雅泰副学長によると、発表会には授業の単位取得に関係する1、2年生のほか、単位取得に関係ない2~4年生も出演した。

 発表会について、大学側には感染対策のため無観客での開催との届け出があったが、実際には学外の22人と学生41人が観客として入場していた。

 また、席の指定がなかったため密な状態で着席していたことなど、感染対策が十分ではなかった点が担当教員からの聞き取りで判明した。演目で密にならないような演出上の工夫も指導されていなかったという。

 谷副学長は「このような状態でダンス発表会が行われたことは大学としても強い責任を感じる」と話した。