会津鉄道、3月から「ダイヤ改正」 新型コロナ影響で利用激減

 

 会津鉄道(会津若松市)は、来年3月13日付ダイヤ改正の内容を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用者が激減、経営が悪化しているため、利用状況に合わせたダイヤ改正を行う。

 昨年の脱線事故で車両が破損し東武鉄道管内に乗り入れできる車両が不足、日光―会津の輸送量低迷も続いていることから、AIZUマウントエクスプレス3号、同4号の東武日光駅乗り入れを取りやめる。会津若松発会津田島行きの普通列車として運行する。

 会津田島―西若松間は会津田島発午前5時24分の始発列車と西若松発午後10時13分の最終列車の運転を取りやめる。

 利用が少ない会津田島発午前9時3分と午後7時43分の会津若松行き普通列車、会津若松発午前10時22分と午後8時18分の会津田島行き普通列車の運行も取りやめる。