福島県内、30日から「大雪」の恐れ 警報級の可能性、落雪注意

 

 東北地方は30日から来年1月1日にかけて強い冬型の気圧配置となり、会津で大雪になる所がある見込み。

 福島地方気象台は上空の寒気が予想より強まった場合は警報級の大雪になる可能性があるとして、交通障害や屋根からの落雪などに注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、31日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で会津の山沿い30~50センチ、会津の平地と中通りの山沿い10~20センチ、中通りの平地5~10センチ。その後1月1日ごろにかけてさらに降雪量が増える見込み。週間天気予報によると、本県は30日から1月4日まで曇りや雪の予報となっている。