福島・デイサービス施設で「クラスター」発生 計12人感染確認

 

 福島市は28日、同市のデイサービス施設「ツクイ福島黒岩」で職員と施設利用者の計12人の感染が確認され、新たにクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。感染確認は19~26日。患者はいずれも福島市在住で、県が27日までに発表した感染確認数に含まれている。

 内訳は、職員が30~40代の男女3人、施設利用者が60~90代の男女9人で、軽症や無症状。職員1人が19日に医療機関を受診した際に陽性と判明し、職員や施設利用者、出入りしていた清掃業者の計122人を対象にPCR検査を順次実施した。施設は20日から休業している。このほかクラスターを起因に、職員や施設利用者の家族ら8人の二次感染も確認された。

 施設を運営するツクイ(横浜市)は同社のホームページで「保健所と連携を図り、必要な措置を適切に講じる」としている。