警察官名乗りカードだまし取る...80代女性が130万円被害 郡山

 

 29日午前、郡山市の80代女性から、郡山署員を名乗る男の話を信じ、キャッシュカードをだまし取られたと、同署に相談があった。女性の口座からは現金計約130万円が引き出されており、同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、27日午前10時ごろ、女性方に郡山署員を名乗る男から「不審者が持っていた偽造カードの中にあなた名義のものがあった」などと電話があった。

 その後、別の署員を名乗る男から「あなたの口座から60万円が引き落とされていた。カードを確認するため、警察官を向かわせる」と電話があった。

 女性は同日正午ごろ、自宅に来た署員を名乗る男の指示に従い、封筒にキャッシュカード2枚を入れた。女性がその場を離れた隙に別の封筒にすり替えられ、カードをだまし取られたという。29日に郡山署に来るよう指示された女性が同署を訪れ、被害が発覚した。