自称『イエメン軍医』2500万円詐取 いわきで国際ロマンス詐欺か

 

 29日午前、いわき市の60代女性から、イエメン居住の軍医を名乗る自称49歳の外国人の男の話を信じ、約2500万円をだまし取られたといわき南署に届け出があった。同署は「国際ロマンス詐欺」事件の可能性があるとみて捜査している。

 同署によると、女性は4月下旬ごろ、会員制交流サイト(SNS)で男と知り合い、結婚や交際を求められた。男から「軍医の功労でイエメンから報奨金が出た。あなたに受け取ってほしい」などと連絡があり、報奨金入りの小包を受け取るよう指示された。

 その後、女性はSNSを通じて、男や小包配送業者を名乗る人物から小包の受け取りにかかる関税の手数料などを請求された。5月上旬から8月下旬ごろにかけて9回にわたり、市内の複数の金融機関窓口で指定された口座に現金を振り込んだ。男と連絡が取れなくなり、被害に遭ったことに気が付いた。