地吹雪やスリップ、冬道注意箇所マップ公開 福島河川国道事務所

 
公開している「冬季通行注意箇所マップ」

 凍結や圧雪などの冬道の安全走行に向けて福島河川国道事務所は、国道4号、国道13号、東北中央道の「冬季通行注意箇所マップ」を作成し、同事務所ホームページで公開している。

 マップ掲載は3路線の同事務所管理区間。橋やトンネル出入り口、急勾配をはじめ、地吹雪注意地点、スリップ注意地点、スタック(立ち往生)多発地点などをまとめている。

 このほか同事務所は、東北中央道と相馬福島道路の路面情報や通行止め情報、通行注意情報、視界不良情報などのメール配信も実施している。利用は同事務所ホームページからの登録が必要。

 同事務所の早坂肯芯保全対策官、高橋正晴計画課長、藤原恭平道路管理課係長は「マップを活用して安全な走行に役立ててほしい。メール配信もぜひ利用してほしい」と呼び掛けている。