新年の飛躍を...恒例「ジャンボ絵馬」 南相馬の男山八幡神社

 
お目見えした巨大な絵馬

 南相馬市鹿島区の男山八幡神社に28日、毎年恒例の「ジャンボ絵馬」がお目見えした。来年の干支(えと)の丑(うし)を描いた色鮮やかな巨大な絵馬で新年の飛躍を願っている。

 同市の原町サインが寄贈した。親子の絵柄とともに「開運招福」の文字が記されている。縦約2.8メートル、横約5メートル。

 西道典宮司は「来年こそは新型コロナウイルスが収束し、皆さんが安心して過ごせる1年となりますように」と話した。