AIが回答...「予約」承ります! 東山温泉・くつろぎ宿に導入

 
くつろぎ宿のホームページ上に貼られた予約、質問画面

 会津若松市東山温泉で千代滝と新滝の2館を経営するくつろぎ宿は、顧客の予約や質問にAI(人工知能)が自動で回答するシステムを導入した。

 ホームページを開くと「簡単予約はこちら」「ご質問・ご依頼をAIが承ります」というボタンが表示され、AIが顧客と交互にやりとりする形で予約までが行える。

 導入したのは、アクティバリューズ(東京都)社の「talkappi(トーカッピ)」。観光分野に特化した顧客対応AIで、標準の日本語を含む5言語、最大18言語に対応可能。無料通信アプリ「LINE(ライン)」の公式アカウントや、会員制交流サイト「Facebook」のページなどとの連携もできる。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、観光業界は顧客対応の非対面化、直販率の向上などが求められている。くつろぎ宿は24時間体制で質の高い対応ができる同システムを、新規やリピーター客の獲得に有効活用する。