辛口カレーに「あわまんじゅう」入り?...柳津・道の駅で発売へ

 
名物のあわまんじゅうが入ったカレー

 柳津町の道の駅「会津柳津」を運営するやないづ振興公社は1月9日、同道の駅内「憩いの館ほっとinやないづ」で、同町名物のあわまんじゅうが入ったカレーを発売する。

 丑(うし)、寅(とら)の年に当たる2021年と22年、同町で開かれる丑寅まつりの記念企画。あわまんじゅうや同町特産の黒ニンニク、三島町産の会津地鶏の肉が入った辛口カレーで、あわまんじゅうの甘味とカレーの辛味でまろやかな味になる。

 1袋(200グラム)650円で、ランチタイム(午前11時~午後3時)は850円で食事もできる。スタッフは「寒い時期に汗が噴き出すホットなカレーを味わって」と、衝撃の"新名物"をPRする。