エコバッグで防犯啓発 田村地区防犯協連合が作製

 
安全・安心な地域づくりを呼び掛けるエコバック

 田村地区防犯協会連合会が防犯エコバッグを作製した。各種広報活動で配布し、買い物時に使ってもらうことで防犯啓発を図る。

 レジ袋の有料化に伴い、エコバッグへの関心が高まってきていることから啓発グッズに採用した。小野町の書道教室主宰で、少年警察ボランティアの宗像伝喜さんがエコバッグ中央にメッセージを書いた。

 デザインには、県警なりすまし詐欺被害防止マスコットキャラクターや、田村、三春、小野の3市町のご当地キャラクターを起用した。キャラクターは愛くるしい目の奥で、犯罪を許さない鋭い眼光を放っている。