新成人7人が晴れの日「決意を胸に一歩一歩進む」 葛尾村成人式

 
晴れの日を迎えた新成人=2日、葛尾村

 葛尾村は2日、村民会館で成人式を行い、新成人7人が晴れの日を迎えた。新型コロナウイルス感染防止対策のため、保護者や来賓ら関係者の入場を制限し、規模を縮小して行われた。

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が大半で解除された同村での成人式は本年度で5回目。篠木弘村長が新成人に成人証書を手渡し「感謝の気持ちを力に、高い志を持って生きてほしい」と式辞を述べた。

 新成人を代表し、松本崇弥さん(20)=東北福祉大2年=が「家族、先生、地域住民、そして仲間に感謝したい。今日の決意を胸に、新成人として一歩一歩進んでいくことを誓う」と謝辞を述べた。

 新成人は記念撮影するなどして古里での再会を喜び合った。