初売りも『密』回避...福袋など買い求める 郡山・うすい百貨店

 
抽選会で当選した景品を受け取る買い物客=2日、うすい百貨店

 うすい百貨店の初売りは2日、郡山市の同店で始まり、福袋や目玉商品を買い求める買い物客が訪れている。4日まで。

 新型コロナウイルスの感染防止策として、入り口で検温を実施するほか、店舗への入場は密集を避けて間隔を空けるため、従来の3列から2列に減らした。

 買い物客は専門店や1万円分の商品券と初夢抽選券が付いた「お年玉袋」の抽選などに参加。抽選会場では、従業員がフェースシールドを着用し、買い物客を出迎えた。買い物客は10万円の商品券が当たる「初夢賞」を狙い、真剣な表情でくじを引いた。

 福袋は約1万個を用意。3日は和太鼓演奏や書道パフォーマンス、4日は野菜の詰め放題などのイベントを予定。同店は混雑を避けるため、初売り期間を例年より1日長くしている。