「幸せ訪れる1年になって」大梵天に願い 本宮の岩角山岩角寺

 
大梵天を奉納する関係者=3日、本宮市・岩角山岩角寺

 本宮市の岩角山(いわつのさん)岩角寺(がんかくじ)に伝わる正月行事「大梵天(ぼんてん)祭」は3日、同寺で規模を縮小して行われ、参拝者が梵天を奉納し、1年の幸せや新型コロナウイルス収束を願った。

 青竹で作られた高さ約2.4メートルの大梵天を毘沙門堂に運ぶ梵天奉納行列では、奉賛会の関係者らが大梵天を担ぎ参道を練り歩いた。大梵天の一部を持ち帰ると幸運が訪れるとされ、毎年行われている梵天争奪戦は新型コロナの感染拡大に伴い、今年は中止となった。

 須賀川市から参拝に訪れた男性(77)は「新型コロナが早く収束し、家族のみんなに幸せが訪れる1年になってほしい」と話した。