内堀知事「全国への影響注視」 1都3県に緊急事態宣言検討受け

 

 内堀雅雄福島県知事は4日の年頭記者会見で、政府が緊急事態宣言発令の検討に入ったことについて「実効性のある緊急事態宣言をどう打ち出すのか。政府の対応や全国への影響を注視していく」と述べた。

 内堀知事は、年末年始の全国の感染状況について「感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている」と指摘。発令対象の1都3県だけでなく他の地域でも感染の急拡大があり得るとし「事態の推移に応じて臨機応変に政府としての政策を打つよう、全国知事会を通じて訴えていく」と述べた。

 また、今年の県政の重要課題の一つ目に新型コロナ対応を挙げ「検査態勢や医療提供態勢の充実・強化を進める」と強調。「県内では、感染状況が比較的落ち着いていた地域でも少しずつ増えつつある。県全体で慎重な行動をしていかなければならない厳しい状況が続いている」と警鐘を鳴らした。