郡山出身の27歳女性と判明 サンフランシスコ死亡ひき逃げ事件

 

 米西部カリフォルニア州サンフランシスコで昨年末に日本人女性がひき逃げされ死亡した事件で、関係者によると、死亡したのは郡山市出身の女性(27)だったことが5日、分かった。

 米メディアによると、事故は昨年12月31日に発生。信号無視した車が横断歩道を渡っていた27歳女性ら女性2人をはね、2人はその後死亡が確認された。警察はひき逃げなどの疑いで容疑者男(45)を逮捕。容疑者は強盗罪で収監後に仮釈放中で、車は盗難車だった。

 車内から拳銃や覚醒剤とみられる物質が見つかった。