男子・福島商が16強入り 春高バレー、鹿児島商に2-1

 

 バレーボールの第73回全日本高校選手権大会(春高バレー)第2日は6日、東京都の東京体育館で男女の2回戦が行われ、男子の福島商が鹿児島商に2―1で勝利し、16強入りを果たした。県勢のベスト16進出は2013年の男子の相馬以来8年ぶり。

 福島商は第1セットを25―20で先取したが、第2セットを15―25で落とした。最終第3セットは終盤まで点の取り合いが続き、粘り強くつないだ福島商がリードを奪うと、最後は羽田汐音(3年)の連続得点で25―23の接戦を制した。

 福島商は7日の3回戦で前回大会準優勝の駿台学園(東京)と対戦する。

 2回戦から登場した女子の郡山女子大付は東京都市大塩尻(長野)に0―2で敗れた。