新成人に祝福の花束 飯舘村、成人式中止で贈呈企画

 
村特産の花を使った花束作りに汗を流す八巻社長(右)ら

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、成人式の中止を決めた飯舘村は、新成人に記念品として村特産の花を使った花束を贈る。6日、川俣町の保原屋生花店で花束作りが行われ、関係者がお祝いの気持ちや、新型コロナの収束への願いを花々に込めた。

 各地で新型コロナの感染予防の観点から、成人式の中止や延期が相次いでいる。村は飲食を伴う記念パーティーを中止し式典のみを行う予定だったが、全国的に感染者が減らず、感染急増地域からも新成人が集まるため、式全体を中止した。「新成人に祝福の気持ちを贈りたい」との思いから、花束贈呈を企画した。

 花束作りには保原屋生花店の八巻大社長(45)らが参加。ともに村に帰還し農業を再開している高橋日出夫さん栽培のアルストロメリア、花井由貴さん栽培のストックのほか、カスミソウやバラなども組み合わせ、色鮮やかな花束に仕上げた。

 7日に箱詰め作業を行い、準備ができ次第、成人証書やしおり、記念本などと合わせ新成人56人にそれぞれ発送するという。

 八巻社長は「地元で栽培された花を見て古里を思い出し、少しでも心を癒やしてほしい」と話した。