「七日堂まいり」密を避け福願う 郡山・如宝寺、感染防止対策

 
参拝者が間隔を空けて1年の幸せを願った「七日堂まいり」=6日午後、郡山市・如宝寺

 郡山市堂前町の如宝寺に祭られている馬頭観世音の祭礼「七日堂まいり」は6日、同寺で始まった。参拝者が感染防止対策をしながら、新型コロナウイルス感染症の収束や無病息災を静かに祈っていた。7日午後4時まで。

 地域の守護仏とされる馬頭観世音は、願いを馬が走るように早くかなえると伝えられている。

 初日は午後3時ごろに祭礼が始まり、参拝者が距離を取りながら列を作った。境内では、参拝者が線香の煙を体や頭に浴び、健康や合格成就を祈願したり、だるまなどを買い求めたりしていた。