感染防止へにらみ!こま犬『鬼滅』マスク装着 福島・西根神社

 
マスク姿で新型コロナウイルスの感染予防を訴えるこま犬や鷽鳥の像

 福島市飯坂町湯野の西根神社で、こま犬などがマスクを装着して参拝客に新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛け、注意喚起に一役買っている。

 境内の一対のこま犬の像をはじめ、高畑天満宮の拝殿近くでは「鷽鳥(うそどり)」や座牛の像がマスクを装着。人気漫画「鬼滅の刃(きめつのやいば)」にあやかり、作中のキャラクターの羽織や着物を模した市松、麻の葉模様の手作りマスクを身に着けている。

 参拝客がスマートフォンで写真を撮るなど人気を集めている。同神社の斎藤秀一郎宮司は「(マスクの装着は)感染が落ち着いてくるまで」と、一刻も早い新型コロナの収束を願う。昔から地域を見守ってきたこま犬は、口と鼻を覆いながらも「あうんの呼吸」で感染拡大防止へにらみを利かせている。