線路で作業中、除雪車脱輪 只見線会津柳津駅、運休中でけが人なし

 
JR只見線会津柳津駅構内で脱線した除雪車 =7日午後0時30分ごろ、柳津町

 7日午前11時15分ごろ、JR只見線会津柳津駅で線路の除雪作業をしていた車両がホームに乗り上げ、脱輪した。同線は大雪の影響で一部区間の運転を見合わせていたことから、列車の運行に支障はなく、作業員3人にけがはなかった。

 JR東日本によると、同線は大雪が見込まれていたため、同駅を含む会津坂下―小出間で朝から運転を見合わせていて、同車両は線路内の除雪作業を行っていた。当時、ホームに人はいなかったという。

 同社は車両をクレーンでつりあげて線路外へ搬出し、詳しい原因を調べる予定。8日も同区間で運転を取りやめる予定だったため、運行への影響はないという。8日は同区間のほか、磐越西線馬下―喜多方間と奥羽線庭坂―米沢間も大雪の影響で終日、運転を見合わせる。