AIドローン+立体映像 災害救助迅速化へロボテスで実証実験

 
眼鏡型端末を装着している男性(右)はドローンが撮影した映像などを見ることができる

 ドローンシステム開発などを手掛けるロックガレッジ(茨城県)は8日、南相馬市原町区の福島ロボットテストフィールドでAI(人工知能)を搭載したドローンとMR(複合現実)技術を活用した災害救助者発見の実証実験を行った。

 同社はドローンが災害現場や遭難事故などで活躍できるようなシステム開発を進めている。

 今回、開発したのは足場が悪く移動が困難な災害現場で要救助者の有無を確認し、迅速に情報を共有できるシステム。現場でドローンが人影を検知し、位置情報を把握。救助隊員らが装着する眼鏡型端末に要救助者の姿勢や高度などの情報が立体映像として表示される。端末に表示された情報は離れたモニターなどでも閲覧可能。夜間でも赤外線を駆使して捜索ができるという。

 同社によると、これまでは、ドローンが撮影した映像などをタブレット端末などで確認しながら捜索しているケースが多く、開発した技術を用いることで救助の効率化や救助隊員の安全確保などが期待される。

 この日の試験では、浸水した市街地で要救助者がビルの屋上に取り残されたとの想定で行われた。岩倉大輔社長は「72時間を超えると生存率が下がることが多い。この技術が災害現場で当たり前に導入されるよう開発を進めたい」と語った。