成人式後の飲み会避けて!「志高い判断を」 1月感染者半数は若者

 

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中での成人式を巡り、県アドバイザーの金光敬二福島医大教授は8日、県庁で開かれた県感染症対策本部員会議で「仲間うちでの飲み会は避けてほしい。成人にふさわしい、志高い判断を」と訴えた。

 金光氏は、20、30代の若者が今月の感染者の約半数を占めていると指摘。昨秋は4分の1程度だったとして「倍増にはそれなりの原因があるはず。若者こそ対策に敏感であってほしい」と呼び掛けた。

 内堀雅雄知事も、マスクなしでの会話をやめるなどの「三つのお願いを徹底してほしい」とした上で、開催市町村には、感染防止対策の徹底と、式典前後の飲食を控えるよう新成人への周知を求めた。