ざる菊マフィン「大成功」 販売会で人気、安積高御舘校生開発

 
商品をPRした(左から)今野さん、吉田さん、千葉さん

 安積高御舘校の生徒が開発した焼き菓子「ざる菊マフィン」の販売会が9日、郡山市のアットホーム日和田店で行われた。準備した100個が約2時間で売り切れる人気ぶりだった。

 ざる菊マフィンは、食を通じて中田町の魅力を発信しようと、2、3年生5人が開発。バタークリームを使って、同市中田町の「桜里の菊楽園」のざる菊を表現した。開発に携わった今野朝陽さん(2年)、千葉桃菜さん(3年)、吉田こころさん(同)が店頭に立ち、商品をPRした。千葉さんは「これを機に中田町に来てみたいというお客さんもいたので、大成功」と笑顔を見せた。