庁舎玄関を赤べこラッピング 柳津町、伝説発祥の地PR

 
赤べこのラッピングを施しされた柳津町役場本庁舎玄関

 柳津町は町役場本庁舎玄関に、会津地方の郷土玩具で厄よけのお守りなどとして知られる赤べこのラッピングを施し、「赤べこ伝説発祥の地」をPRしている。

 町には約400年前、大地震で円蔵寺が被害を受けた時、寺の再建のために赤毛の牛が力を合わせて材木を運ぶのを手伝ったとされる「赤べこ伝説」が残る。自動ドアには赤べこが丸太を引く姿などが描かれた。

 職員や来庁者は「材木と一緒にたくさんの福を運んできて」と、丑(うし)年の赤べこ効果に期待を込める。