車・バス乗降場や待合所、駐輪場が完成 JR安積永盛駅西口広場

 
JR安積永盛駅西口広場に整備された乗降場と待合場

 郡山市のJR安積永盛駅西口広場に8日、車両の送迎スペースとして一般車とバスの乗降場や待合所、駐輪場が新たに整備された。

 緑地だった場所にバス2台、一般車4台の乗降場と待合所2カ所を設置した。市によると、1日の駅利用者は約2500人で、西口には学校3校と病院1カ所の送迎バスが乗り入れる。送迎車も多いため朝と夕方は混雑する。路上駐車も多く事故の危険性が高かったという。駐輪場の利用も多く、指定の場所に止められない自転車もあったことから、跨線橋(こせんきょう)の階段下に駐輪場40台分を増設した。

 同日行われた竣工(しゅんこう)式では、品川萬里市長が式辞を述べ、関係者がテープカットして完成を祝った。八代実安積町自治会長会会長は祝辞で「まちづくりの起点となり、より住みやすい安積町の実現につながる」と述べた。