マルシェが地区活性化につながれば... 川俣・山木屋のNPO開催

 
会場で来場を呼び掛ける樋口さん(右)

 川俣町山木屋地区のNPO法人「やまきやお気軽ネットワーク」は10日、同地区の復興拠点商業施設「とんやの郷」で、「主婦による主婦のための市場」と銘打ったマルシェを開き、にぎわい創出に取り組んでいる。

 マルシェに参加した食堂「おきがる亭」の店長樋口弘美さん(58)は「多くのお客さんでにぎわうのはうれしい。マルシェが定着し、地区の活性化につながれば」との思いを強くしている。

 同NPO事務局の大内周一郎さん(69)によると、2017(平成29)年3月末に同地区の避難指示は解除されたが、住民の帰還は進んでいない。そこで、多くの人にとんやの郷に足を運んでもらうきっかけをつくろうと企画した。

 初回となったマルシェでは、手づくりのみそやリンゴ、マスクなど多くの商品が店頭に並んだ。飯舘村の地域おこし協力隊でキャンドル作家の大槻美友さんの販売ブースも設けられ、来場者が商品を手に取りながら、買い物を楽しんだ。マルシェは2月以降も毎月第1日曜日に開催する。問い合わせはとんやの郷(電話024・563・2021)へ。