「芸術文化」後押し21年 いわき・ギャラリー界隈、1月末閉廊

 
「これまで支えてくれた皆さんに感謝したい」と話す佐藤さん夫妻

 いわき市平のギャラリー界隈は1月末、21年の歴史に幕を閉じる。同ギャラリーを営む佐藤繁忠さん(76)と妻の康子さん(64)は「多くの人の支えのおかげ」と感謝を口にする。

 芸術家として活動する繁忠さんは1969(昭和44)年、好きな芸術作品を多くの人に見てもらおうと市内に喫茶ギャラリーを開いた。それ以降、名前を変えながらギャラリーの運営を続け、ギャラリー界隈に改名し、99年4月に現在の場所に移転した。

 ギャラリーを運営しながら、同市の芸術文化振興に関わるうちに「市民に何か恩返しができれば」との思いが強くなったという。

 繁忠さんは「市民により良い作品を鑑賞できる機会を提供するという責任を感じていた」と振り返る。歴史の中では、月1~2回ほど展示会を開き、作家が魅力を伝えた。いわきの芸術文化を発信する拠点として多くの市民が足を運んできた。

 2人は閉廊後も、同市の芸術活動の手助けができればと前向きに考える。繁忠さんは「次の目標に向かって前進していく」、康子さんは「場所はなくなるが、次のステージに進んでいきたい」と話す。

 最後の企画展「アートバザール展」が9日、始まった。日本画や油絵、彫刻など約300点を展示している。

 2人は「感謝を込めて作品を届けたい」と話している。時間は午前10時30分~午後6時。会期中無休。問い合わせは同ギャラリー(電話0246・23・8411)へ。