硬貨対応ATMを導入 福島さくら移支店、県内JA初

 

 JA福島さくら移(うつし)支店は田村市船引町の同支店でATMオープン式を行った。県内JA初の硬貨対応ATMで、利用者の利便性向上を目指す。

 同JAは経営基盤強化に向けた支店事業所再編に取り組んでいる。これに伴い、同支店は3月から「移よりそい店」として再オープンする。支店と連携し、専門的な相談に対応する。

 式では、蒲生幸夫たむら地区本部長理事が「再オープンに伴い窓口営業は終了するが、硬貨対応ATMの導入で、地域の方々の利便性維持向上に努めたい」とあいさつ。