梁川総合支所に交流拠点4月開所へ 学習スペースなど整備

 
定例記者会見で概要を説明する須田博行市長

 伊達市は4月、同市梁川町の梁川総合支所にオープンスペースを開所する。須田博行市長が6日、定例記者会見で概要を説明した。

 オープンスペースは市内外の利用者がくつろぎ、交流できる場として同支所2階の1室を改装、整備を進めてきた。室内には、個人利用の学習スペースや複数人で打ち合わせができるミーティングスペースなどがある。

 須田市長は「梁川地域の活性化につながるような施設にしていきたい」と話した。

 2月17日まで愛称募る

 伊達市は2月17日まで、オープンスペースの愛称を募集している。市のホームページや市総務課で配布している応募用紙で提出する。郵送のほか、メールやファクスでも受け付けている。