牡丹キャンペーンクルー2人続投1人再登板 募集、選考会なし

 

 須賀川市観光物産振興協会は7日、市の魅力発信を担う新年度の牡丹キャンペーンクルーに本年度クルーの有賀くららさんと渡部菜月さんを継続認定、前年度クルーの小野寺里佳子さんを再認定したと発表した。任期は4月1日から1年。

 同協会によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、新年度クルーの募集や選考が困難なことなどから、継続的な活動が可能な3人をクルーに決めた。

 クルーの主な活動は、同市の国指定名勝「須賀川牡丹園」の案内や釈迦堂川花火大会、松明あかしをはじめとする市の各種行事や物産品のPR。感染拡大に伴い、本年度の市の主要な行事が中止や規模縮小を余儀なくされ、クルーの活動も県内にとどまっていた。