「田島ホーム」クラスター10人に 新型コロナ、新たに14人確認

 

 県は19日、県内で新たに14人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。18日に陽性が判明した。このうち3人は、クラスター(感染者集団)化した南会津町の特別養護老人ホーム「田島ホーム」の職員と利用者で、クラスターは計10人に拡大した。県内の感染確認は計1483人。

 また、県は県内の医療機関に入院していた70代男性が16日に死亡したとも発表した。入院中の患者の死亡は計34人となった。

 新規感染者が20人を下回るのは1月2日以来16日ぶり。18日現在の病床使用率は59.1%で前日から5.1ポイント減少した。県は「入院負荷が瞬間風速的に落ち着く」としたが、病床使用率は「ステージ4」(爆発的な感染拡大)の指標の50%を超えており、県民に引き続き不要不急の外出を自粛するよう求めた。

 感染者14人の内訳は郡山市、南相馬市、古殿町、南会津町各2人、会津若松市、須賀川市、相馬市、下郷町、会津美里町、三春町各1人で、このうち4人の感染経路が不明。

 環境省によると、三春町の30代男性は、同省が発注する郡山市の特定廃棄物の搬出工事に従事していた。同省発注工事を巡る感染者は19人目。

 32人が退院

 県によると、18日までに32人が退院し、16人が宿泊療養施設を退所した。入院者は277人で、うち7人が重症。44人が宿泊療養中。