「ウロギネ・女性排尿機能外来」開設 磐城中央病院が福島県初

 
専門外来で主治医を務める野村医師

 いわき市の磐城中央病院は今月、女性の頻尿や尿漏れなどを診察する専門外来を県内で初めて開設した。外来名は「ウロギネ・女性排尿機能外来」。ウロギネは泌尿器科を意味する「ウロロジー」と婦人科の「ギネコロジー」を合わせた英語の造語。

 女性の頻尿や尿漏れなどは専門的な治療で症状改善や治癒が期待できるという。亀田総合病院(千葉県)ウロギネ科部長・ウロギネコロジーセンター長の野村昌良医師が主治医を務め、臓器が膣(ちつ)から下垂する「骨盤臓器脱」なども診察する。

 手術をはじめ、水分の摂取方法などの生活指導やリハビリなどで症状改善や治癒を目指す。野村医師は「悩んでいる人は専門医に相談し、治療で症状が大きく改善することを知ってほしい」と話している。

 野村医師と専門医の2人体制で診療する。診療は事前予約制。問い合わせは同病院(電話0246・53・3511)へ。