働き盛りに野菜を いわき市とカゴメ協働、いわき信組でセミナー

 
セミナーを受ける参加者

 いわき市はカゴメと協働し、官民共創健康づくり事業「いわき健康シャインプロモーション」を始めた。対象企業に選ばれたいわき信用組合向けのオンライン健康セミナーが21日、同市小名浜の同信組本部で行われた。職員らが健康への意識を高めた。

 市民の心疾患や脳血管疾患の死亡割合が全国でも高いため、働き盛り世代の野菜摂取量を引き上げることを目的に実施した。職員46人が3月まで、野菜飲料を取るなど積極的な野菜の摂取に努めていく。終了時の健康意識や野菜充足度の変化なども確認する。

 セミナーでは、カゴメ「野菜と生活 管理栄養士ラボ」の管理栄養士松田真紀さんが講師を務め、「食生活改善セミナー―意識を変える、行動も変える」を演題に講話した。推定野菜摂取量の初回測定なども行われ、参加者が自身の体について考えていた。