会津若松・大久保さんの作品が表紙に ベートーベン生誕記念譜面

 
作品が表紙に採用された大久保さん

 会津若松市の墨創家大久保岱影(たいえい)さん(80)の作品が、世界的な音楽家ベートーベンの生誕250周年を記念して制作されるオリジナルアートスコア(譜面)の表紙に採用された。

 採用された大久保さんの絵は淡い朱色で神秘的な母性を表現した作品で、企画したクオリアート東京本社によると、大久保さんの過去の実績をもとに表紙に採用したという。

 ドイツのボンで開催される展示会に出展予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で延期となっており、今年中に開催予定。同社は、アートスコアとは別に「美と音楽の饗宴ベートーベン2020」と題した作品集を発行する。