さし色がおしゃれ、郡山で白黒ツートンカラー「カラス」話題に

 
真っ黒のミヤマガラスの群れに交じって目を引くコクマルガラス(左下)=郡山市喜久田町

 郡山市熱海町や喜久田町の田んぼなどで、黒いカラスに交じって白黒のツートンカラーのカラスがいると話題になっている。

 このカラスはコクマルガラスというハト大の大きさのカラスで、同じく冬に大陸から渡ってくるミヤマガラスの群れに交じっていることが多いという。

 福島市小鳥の森のレンジャー増渕翔太さんによると、例年はなかなか見つからない珍しいカラスだが、今年は見る機会が増えているという。「キョン、キョン」とカラスらしくない鳴き声も特徴という。