空飛ぶ姿の狛犬「マスク」装着 コロナ収束願い参拝者を見守る

 
マスクを装着している川田神社の狛犬

 「天才石工3代」の中の一人、小松寅吉が制作したとされる中島村の川田神社の狛犬(こまいぬ)がマスクを身に着け、新型コロナウイルス感染症の収束を祈っている。

 狛犬は空を飛ぶ姿をしており、「飛び狛」と呼ばれる珍しい狛犬。狛犬の魅力を発信する県県南地方狛犬ネットワークの会員らが、マスクを取り付けた。

 阿形(あぎょう)、吽形(うんぎょう)と対をなす2匹の狛犬。しっかりとソーシャルディスタンスを保ちながら、コロナ収束を願い参拝者を見守っている。