崖崩れの鹿島街道、28日「全規制解除」 いわきで対策工事完了

 

 県いわき建設事務所は25日、いわき市鹿島町久保の県道(通称・鹿島街道)で発生した崖崩れの対策工事が完了し、28日午後4時に全ての通行規制を解除すると発表した。

 同事務所によると、崖崩れは2019年8月24日に発生し、同県道が一時全面通行止めとなった。同月28日から一部の通行が可能となり、段階的に車線の規制を解除してきた。現在は4車線での通行が可能だが、右折レーンは通行止めとしている。28日からは県道、市道とも全ての規制が解除される。