福島県庁食堂で「和食給食」提供 栄養バランスに優れたメニュー

 
県庁食堂で提供された和食給食

 県教委は27日、福島市の県庁食堂でいわき市の小中学校で昨年11月に提供された「和食給食」を提供した。

 「サケのゆずみそかけ」や「だし香る沢煮椀」「小松菜とじゃこの炊いたん」など栄養バランスに優れたメニュー。健康教育課の佐藤尚さん(24)は「久しぶりの給食だが、自分の頃より豪華に感じる。サケがおいしい」と話した。

 28日は県内の学校で「ふくしま健康応援メニュー」として提供される減塩ミネストローネスープを、洋食メニューのセットスープとして50食限定で提供する。