東北電力会長に増子次郎氏就任へ 役員人事、海輪氏は相談役に

 

 東北電力は27日の取締役会で、増子(ますこ)次郎副社長(65)が4月1日付で代表権のある会長に昇格する役員人事を決定した。海輪誠会長(71)は取締役相談役になる。

 東北電は昨年、グループ経営の方向性を示す中長期ビジョンを策定したほか、送配電部門を東北電力ネットワークに分社化した。女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働に向けて県と地元2市町が同意し、一定の道筋がついたことから、2015(平成27)年6月以来約6年ぶりの会長交代に踏み切った。

 増子氏は仙台市の本店で記者会見し、樋口康二郎社長(63)=国見町出身=と二人三脚で経営基盤の強化を目指す決意を語った。

 増子氏は岩手県一関市出身。北海道大大学院原子工学専攻修士課程修了。1980年入社。主に原子力部門を歩み、女川原発所長代理、執行役員青森支店長、常務などを経て18年4月から副社長・原子力本部長。