会津中心に連日の暴風雪 檜枝岐で積雪192センチ、1月31日も警戒

 

 30日の県内は冬型の気圧配置となったため、会津地方を中心に県内各地で雪となった。雪は31日朝方まで続く見込みで、福島地方気象台が注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、積雪の深さ(30日午後3時現在)は檜枝岐村で192センチ、福島市茂庭で38センチを記録した。最低気温は郡山市で氷点下4.3度、会津若松市で氷点下4.2度、福島市で氷点下2.7度と最も寒い時期を下回った。

 31日は浜、中通りで朝方ごろ、会津地方では昼すぎまで雪が降る見通し。中通りでは5~15センチ、会津地方では30~40センチの降雪がある見込み。