村産米で焼酎「天田」 新嘗祭献穀者生産のコメ使用、大玉の魅力に

 
発売された焼酎「天田」

 大玉村のおおたま村づくり株式会社は27日、宮中行事「新嘗祭」に献上した村産米「天のつぶ」と同じ田んぼで収穫したコメの焼酎「天田(あまた)」を発売した。「あまた(多く)の人に味わってほしい」という思いを商品名に込めて、村産米の新たな魅力を発信する。

 昨年の献穀者に選ばれた村内の今井雄治さんの「天のつぶ」が原料。二本松市の人気酒造の協力を得て蒸留した。

 村づくり株式会社によると、すっきりとした飲み口で女性にも親しみやすい味わいに仕上がったという。同社が運営する村内のあだたらの里直売所で数量限定で販売。矢吹吉信店長は「米どころ大玉の魅力を知ってもらいたい」と話す。

 1本720ミリリットル入りで1780円。

 問い合わせは同直売所(電話0243・48・2317)へ。