「新屋内運動場」22年1月・工事完了 伊達小、児童クラブ併設

 
来年1月に完成予定の伊達小屋内運動場のイメージ

 伊達小屋内運動場の改築工事安全祈願祭は1月30日、伊達市の同校で行われ、関係者が工事の無事や早期完成を祈った。

 改築工事は、施設の老朽化などにより行われる。屋内運動場は鉄筋コンクリート、一部鉄骨造りの2階建て。延べ床面積は約3350平方メートルで、放課後児童クラブが併設される。工事完了は来年1月31日を予定している。

 祈願祭には約30人が出席。須田博行市長がくわ入れをした後、出席者が玉串をささげた。須田市長は「子どもたちが安心して学べる環境となるよう工事をお願いしたい」とあいさつした。