相馬野馬追への思い「動画」に 南相馬市、ユーチューブで公開

 
相馬野馬追を紹介する動画の一場面

 南相馬市は、相馬野馬追の伝統継承と魅力発信を目的にプロモーション映像を制作、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開した。門馬和夫市長が1日、記者会見で発表した。

 内容は主に昨年の野馬追の様子。昨年の野馬追は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して開催された「省略野馬追」となり、神事などが無観客で行われた。

 市によると、「甲冑(かっちゅう)競馬」や「神旗争奪戦」のような迫力あるイメージだけでなく、野馬追継承の意義や独特の馬事文化にも理解を深めてもらおうと制作した。

 相馬中村、相馬太田、相馬小高の3神社で行われた神事などの様子のほか、騎馬会長や総大将が野馬追への思いを語るシーンが盛り込まれている。

 動画の長さは5分42秒。海外からの認知度も高めようと英語字幕版も投稿されている。市は今後、会員制交流サイト(SNS)、県内外の競馬施設や乗馬クラブなどでも動画を活用する予定。

 動画のURLはhttps://www.youtube.com/watch?v=6DaKRa83Jd0